TAGLIATORE(タリアトーレ)のカシミアジャケット。

2017.09.26 Tuesday

0

    JUGEMテーマ:ファッション

    こんばんわ

    恩田です。

     

     

    本日のご紹介は、

    「TAGLIATORE」のカシミアジャケットです。

    DSC_4551.JPG

    ブランド説明は不要ですね。

     

    ちなみにカシミアは100%。

    そして、価格は130,000+TAX

    この価格を見ただけでも値打ち感があるのですが、

    触ると更に実感できます。

    毛足の長いカシミアはヌメッとして柔らかく、

    頬ずりしたくなってしまいます。

    とりあえず女性には触れてみてもらってください、

    きっと良いリアクションもらえるはずです。

     

    DSC_4550.JPGDSC_4552.JPGDSC_4553.JPGDSC_4554.JPG

    ミディアムグレーとネイビーの2色。

     

     

    今日はグレーを着てみます。

    DSC_4548.JPG

     

    DSC_4546.JPGDSC_4516.JPG

    この無地のジャケットならば

    シャツタイに革靴の仕事モードは活躍間違いなしですが、

    オフの日使いに

    FEDELIのモックネックSOLOVIEREのスニーカー合わせてみました。

    VIGANOのウィンドウペン柄パンツは丈短めでダブル幅を大きく。

    足元は軽快に、上品さは残しつつ。

     

     

    どうせなら、

    この素材の良さを最大限に主張したいので

    上からコートを着る季節の前に

    ジャケットとストールで過ごすシーンを増やしてください。

    このジャケットを余すことなく堪能しましょう。

     

    DSC_4527.JPG

     

     

    ではまた次回まで!

    Nicky(ニッキー)のネクタイ。

    2017.09.24 Sunday

    0

      JUGEMテーマ:ファッション

      こんにちは

      恩田です。

       

      本日ご紹介する「Nicky」のネクタイ

      を締めて談笑する二人をまず。

      オイスターを良く知っている方は、

      スーツ姿が二人も店頭にいることがとても珍しく感じるかと、

      むしろ違和感を覚えてしまう?・・・(笑)

       

      でもスーツを着たいと思わせるのがこのネクタイの魅力、

      その証拠はこの二人の笑顔!

      良い物を身に付けると自然と笑顔が生まれる、会話も弾む、

      改めて、洋服って良いですね。

       

       

      ではご紹介です、

      DSC_4571.JPGDSC_4562.JPG

      1920年創業、

      ダークカラーが主流だった時代から

      カラフルな品揃えでイタリア紳士に明るい色使いを

      影響させてきた老舗ブランド。

       

       

      クラシカルなペイズリーやドットや小紋のプリントも

      新しいクラシックな雰囲気で入荷しています。

      DSC_4569.JPGDSC_4556.JPG

       

       

      プレーンなタイにちょっと飽きてきた方に

      この一本で気分を変えれるのがネクタイの魅力です。

      DSC_4554.JPGDSC_4564.JPG

       

       

       

      ストライプも色使いが絶妙、

      何本も持っている方にも満足して頂けます。

      DSC_4557.JPGDSC_4559.JPGDSC_4558.JPG

       

       

       

      もちろんプレーンなものも。

      同じプレーンでも、Nickyの芯地は薄めで

      ノットの仕上がりが小さく表情豊かに作れます。

      DSC_4552.JPGDSC_4551.JPGDSC_4560.JPG

       

       

      秋冬に欠かせないチェックは敢えてモノトーンで。

      そして、大きいドットのような柄は必ず目を引くので

      ここぞの時のパワータイとして。

      DSC_4567.JPGDSC_4555.JPG

       

      価格

      ¥17,000〜¥19,000+TAX

       

       

      次第にネクタイが防寒着の一つになる季節です、

      お気に入りの一本を見つけに是非!

      お待ちしております。

      GERMANO(ジェルマーノ)のパンツとORCIANI(オルチアーニ)のベルト。

      2017.09.20 Wednesday

      0

        JUGEMテーマ:ファッション

        こんばんわ

        恩田です。

         

         

        本日のご紹介は、

        「GERMANO」のパンツと

        「ORCIANI」のメッシュベルトです。

         

        まずは、

        DSC_4459.JPG

         

        DSC_4460.JPGDSC_4461.JPG

        昨年大好評ですぐに売り切れてしまった

        変形ベルベッドをグレーとホワイトを2色。

        洗いをかけているのでベルベッドの艶が丁度良く無くなり

        格段に使いやすくなっています。

         

        ¥28,000+TAX

         

        そして、

        杢調のこちら

        DSC_4462.JPGDSC_4465.JPGDSC_4463.JPGDSC_4464.JPG

        張りのあるコットンストレッチは

        ウールパンツ以外のジャケパンスタイルに最適。

        ウールを穿くのは寒くなってから、

        合間の季節は厚手のコットンを。

         

        ¥29,000+TAX

         

         

        DSC_4456.JPG

         

        白のパンツに、

        「BAGUTTA」のネルシャツを着てみます。

        巻いている「ARIANNA」のマフラーは今度ご紹介します。

        DSC_4407.JPGDSC_4410.JPGDSC_4415.JPG

        股上深めなパンツが増えつつある中、

        GERMANOは浅めにこだわります。

        こだわると言えば、

        「MADE IN ITALY」の信念も決して曲げません。

         

        細くて脚長に見えるシルエットにこだわるファンの方が

        多く存在するのがこのブランドです。

         

        DSC_4417.JPG

         

        このメッシュベルト、

        DSC_4467.JPGDSC_4466.JPGDSC_4469.JPG

        レザーのようでゴム素材。

        そして、ところどころウール糸が混じっているのが面白い。

         

        ありきたりなベルトではないのを仕入れるのが

        オイスターのこだわりの一つです。

         

         

        なんだかんだで涼しくなってきました、

        そろそろ秋物どうでしょう!?

        また次回まで!

         

         

         

        ALESSANDRO GHERARDI(アレッサンドロ ゲラルディ)のドレスシャツ。

        2017.09.19 Tuesday

        0

          JUGEMテーマ:ファッション

          こんばんわ

          恩田です。

           

           

          本日のご紹介は、

          私の好きなシャツ

          「ALESSANDRO GHERARDI」です。

          DSC_4480.JPGDSC_4477.JPG

          今回はいつもより

          襟の小さめセミワイドを選んでます。

           

           

          白でザラッとした織があるこちらは

          オールシーズン着れそうです。

          DSC_4470.JPGDSC_4471.JPG

          GHERARDIの良いところの一つはボタンの形。

          横から見るとそろばんの珠のように【◇】中心が最も広くなっており

          ボタンの開閉時が非常に楽です。

          横から見て四角【□】で更に厚みがあると

          きつい時がありますよね。

           

           

          そして、白のブロード

          ドレススタイルには欠かせません。

          DSC_4472.JPGDSC_4474.JPG

          先の白織の生地と同様にストレッチが効いています。

          このブランドは全体的にタイトシルエットですので

          ジャストサイズで着る方も破れる不安なく身体を動かせます。

          また、このシャツは縫い代が少なく身体への当たりも最小限、

          それを可能にしているのは丁寧な縫製が出来る技術があるからです。

           

           

          最後は、ブルーストライプ

          これくらいの細さは使い勝手が良いです。

          DSC_4475.JPGDSC_4476.JPG

          本ブランド全般的にそうなのですが、

          細い糸で仕上げた生地はキメが細かく肌触りが良いです。

          生地のクオリティの良さもこのブランドの良さ。

          シャツの下にアンダーウェアを着る方でも

          首に襟は必ず当たるので、違いが必ずわかるはずです。

           

           

          このサイズの襟であれば

          ノータイで着ても様になります。

          DSC_4404.JPG

           

          もちろん、タイドアップでも

          DSC_4368.JPGDSC_4392.JPG

          身体に触れる面積が大きいシャツ、

          だからこそ生地と縫製の良さがダイレクトにわかります。

          シャツの上にはジャケットを、ジャケットの上にコートを。

          つまりシャツ次第で他のウェアの着心地が左右されるのです。

           

          価格は全て

          ¥33,000+TAX

           

          また次回まで!

           

          ZANELATTO(ザネラート)のクラッチバッグとFENZI(フェンツィ)のニットポロ。

          2017.09.15 Friday

          0

            JUGEMテーマ:ファッション

            こんばんわ

            恩田です。

             

             

            本日のご紹介は、

            「ZANELLATO」クラッチバッグと

            「ANDREA FENZI」のニットポロです。

            DSC_4351.JPGDSC_4353.JPG

            昨今のクラシックの波で台頭してきているニットポロ。
            ポロシャツは春夏しか着ない人も多いかと思いますが、

            ジャケットとの相性も良く、

            スタイルの幅が広がるのは言うまでもありません。

             

            DSC_4352.JPGDSC_4354.JPG

            ブラックとオリーブグリーンの2色。

            襟は大きすぎるとクラシックが過ぎるので

            少し小振りくらいを選びました。

             

            ¥29,000+TAX

             

            DSC_4349.JPG

            それでは、

            ブラックのニットポロを着てみます。

            DSC_4346.JPGDSC_4347.JPG

            小振りな襟によって首元がシャープに見えます。

            全体的にタイトフィットなのでジャケットの下に着ても

            余計な皺が出来ずに着れそうです。

             

             

            ブラウンの「CARUSO」のジャケットに

            グレーコーデュロイの「VIGANO」のパンツ。

            DSC_4320.JPGDSC_4339.JPG

            第一ボタンだけを外しています。

            襟が開き過ぎないので、きっちり着たい時にはこれくらいが良いです。

            少し硬い印象になりますね。

             

            第二ボタンまで開けるとこうなります。

            開き方に遊びが出るのでリラックス感が生まれます。

            DSC_4293.JPGDSC_4307.JPG

            時と場合と気分で開け方を変えてみてください。

            ボタン一つを閉じるか開けるかで印象は変わるものです。

            そのボタン一つで相手に与える印象と

            そのボタン一つで自分が感じる心情の変化が

            どうなるか試しながら自分の色々な着方が増えていきます。

             

             

            ZANELLATOクラッチバッグは2種類。

            DSC_4355.JPGDSC_4356.JPGDSC_4357.JPGDSC_4359.JPG

            シボ革のブラックと

            ムートンのオリーブグリーン。

             

            気を付けて頂きたいのは、

            ムートンのクラッチ、女性受けは間違い無いので

            見せたら最後、奪われてしまいます。

             

            どちらも¥49,000+TAX

             

             

            何やら凄い台風が接近中とのこと。

            十分に気を付けてオイスターにいらして下さい!!

             

             

            BAGUTTA(バグッタ)のシャツとADESI(アデッシ)のニット。

            2017.09.14 Thursday

            0

              JUGEMテーマ:ファッション

              こんばんわ

              恩田です。

               

               

              本日のご紹介は、

              BAGUTTAのシャツ2型と

              ADESIのニット2型です。

               

              DSC_4278.JPGDSC_4277.JPG

              こちらオイスター独占入荷ブランドです。

              つまり、日本で唯一仕入れております。

              名だたるカシミアの糸メーカーがひしめくイタリアのビエッラという

              アルプスの麓の伝統ある都市で

              カシミアを得意とするニットメーカーです。

               

              今回の100%カシミアは、

              ふんわりした肌触りと言うよりは、

              しっかりした生地で張りがあって柔らかい仕上がり。

              カシミアだからと言って必要以上に気を遣わずに

              ヘビーユースで使えるニットです。

               

               

              先のハーフジップのケーブルの他に、

              ハーフボタンもあります。

              DSC_4279.JPG

               

              DSC_4280.JPGDSC_4281.JPGDSC_4282.JPGDSC_4283.JPG

              前立てに別布を張って、しっかりさせることで

              襟元の表情をつけやすくしています。

               

              襟元のジップやボタンは

              シャツやストールで変化させやすいので

              重ね着で非常に重宝出来るアイテム。

              DSC_4284.JPGDSC_4286.JPG

              秋冬の重ね着はお洒落心を刺激します。

               

              ハーフジップ

              ¥80,000+TAX

              ハーフボタン

              ¥67,000+TAX

               

               

              そして、BAGUTTA。

              DSC_4275.JPGDSC_4276.JPG

              オイスターでも久しぶりの登場。
              ご存知の通り、ジョルジオアルマーニのシャツづくりを手掛けたことで

              広く名をしらしめた老舗シャツメーカーです。

              新たなディレクターを迎えたことで、

              オイスターでもまたご紹介したくなりましたので

              今季から再スタートしました。

               

              DSC_4269.JPGDSC_4270.JPGDSC_4272.JPGDSC_4273.JPG

              白は細畝のコーデュロイ、

              ネイビーは白やブルーの糸が混じるネルです。

              どちらも襟が小さめでシャープにみえます。

               

              シルエットは少しゆったりめ。

              だからなのか全体的にエレガントな雰囲気。

              DSC_4262.JPG

              どちらも¥22,000+TAX

               

              では、

              ハーフジップと白のコーデュロイを着てみます。

              DSC_4244.JPGDSC_4243.JPG

              タイトなシルエットはもう不要ですし、

              このニットメーカーの得意とするクラシックに反します。

              服を永く心から楽しめるのはこういうシルエットであり、

              伝統を重んじるADESIのようなメーカーは貴重な存在なのです。

              そのメーカーから仕入れ、着ることで

              この伝統が失われずに続くことが出来る一助となると思うと

              洋服屋として重き責任を感じます。

               

               

              ZANELLATOのワンショルダーの色違いと、

              柄物のストールでアクセント。

              パンツは洗いのかかったブラウンのPT01

              DSC_4256.JPGDSC_4249.JPGDSC_4258.JPG

               

              BAGUTTAもADESIも他の形が入荷していますので

              それはまた次回!!

              RICHARD J. BROWNのデニムとBOLZONELLA(ボルゾネッラ)のシャツ。

              2017.09.13 Wednesday

              0

                JUGEMテーマ:ファッション

                こんばんわ

                恩田です。

                 

                 

                本日の紹介は、

                RICHARD J. BROWNのデニム4型と

                BOLZONELLAのシャツ3型です。

                 

                DSC_4244.JPGDSC_4245.JPG

                こちらのデニムのレザーパッチは小振り、

                これ見よがしに大きく派手な物より控えめなところが好印象。

                ブランドだから高いのではない、真の高級感を伺い知れます。

                オイスターでも脚が綺麗に見えると評判が良いです。

                 

                では、

                1本目。

                DSC_4242.JPGDSC_4250.JPG

                最初から良い感じで色落ちをしています。

                Myデニムを育てているのがまどろっこしい方には最適。

                デニムのプロが施したユーズド感は間違いありません。

                 

                ¥40,000+TAX

                 

                 

                2本目。

                DSC_4241.JPGDSC_4240.JPG

                物凄く濃く染め上げてます。

                ブルーデニムを穿きたいけど、ちょっとカジュアルに見えるから

                と、少し距離を置いている方に。

                ポケットの端にさり気ない程度にダメージしてるところが良いアクセントです。

                 

                ¥52,000+TAX

                 

                 

                3本目。

                DSC_4236.JPGDSC_4235.JPG

                ブルーデニムの王道的な色合い。

                ただステッチはオレンジではなくライトブラウンなので

                落ち着いて大人っぽく見えます。

                まずは1本は欲しいタイプ。

                 

                ¥39,000+TAX

                 

                 

                4本目。

                DSC_4230.JPGDSC_4228.JPGDSC_4229.JPGDSC_4231.JPG

                エクスクルーシヴのデニムカシミア生地。

                カシミアが少し混ざるだけでこうも肌触りが変わるか

                という柔らかさ。

                色落ちしたブラックにブルーステッチが映えています。

                 

                ¥54,000+TAX

                 

                 

                折角ですので

                エクスクルーシヴを穿いてみます。

                DSC_4198.JPGDSC_4202.JPGDSC_4191.JPG

                腰回りのフィット感、ヒップの下からの支え具合、

                全体の細めのキレイなシルエットは

                このブランドが人気である理由です。


                カシミア混の生地は文句無しに柔らかくあたたかい。

                しっかりとデニムなのにデニムであることを感じさせない1本。

                 

                ベルトはあえてしていません。

                レザーパッチはもちろん、フロントボタンのクオリティも高いので

                是非見せて穿いてみてください。

                 

                 

                着ているシャツは「BOLZONELLA」のグレー。

                DSC_4259.JPGDSC_4252.JPG

                前立てアリのシャツ、

                通常片方だけなのに、なんと両サイドに前立てが付いています。

                一見見落としてしまいそうなデザインですが、

                デザインとはそれくらいで丁度良いと思います。

                 

                DSC_4246.JPGDSC_4247.JPG

                カフスのカット、あしらわれた赤い刺繍はこのブランドらしさ。

                背中のヨーク部分はウエスタン風です。

                 

                ¥29,000+TAX

                 

                 

                生地違いで、

                DSC_4256.JPGDSC_4253.JPG

                ダークグリーンの織柄、

                襟が小さいのも最近の気分にぴったりですね。

                 

                ¥29,000+TAX

                 

                 

                DSC_4251.JPGDSC_4255.JPG

                白のオックス

                生地がしっかりしていて、

                何と言ってもこのラウンドカラーがこだわってます。

                 

                ¥24,000+TAX

                 

                 

                DSC_4226.JPG

                 

                DSC_4188.JPGDSC_4183.JPG

                デニムのステッチに合わせて

                Tiberio Ferrettiのブルーレザーのリュックを。

                パンツ自体の色がブルーとなるとやり過ぎ、

                控えめくらいに留めておくと

                身に付けている1点1点が質良く見えてお洒落に見えます。

                 

                 

                それではまた次回まで!

                 

                 

                ANDREA FENZI(アンドレ フェンツィ)のニットジレ。

                2017.09.12 Tuesday

                0

                  JUGEMテーマ:ファッション

                  こんばんわ

                  恩田です。

                   

                   

                  本日は、

                  ANDREA FENZIのニットジレです。

                  DSC_4176.JPGDSC_4177.JPG

                  ネイビーとブラウンの2色、

                  薄手のハイゲージで使いやすさに優れています。

                   

                  デザイン的にもシンプルなもの、

                  生地はウールシルクでドレッシーな雰囲気なので

                  スーツ時の寒い時にもいかがでしょうか。

                   

                  DSC_4179.JPGDSC_4178.JPG

                  ¥27,000+TAX

                   

                   

                  ネイビーを使って

                  落ち着いた感じで着てみます。

                  DSC_4173.JPG

                   

                   

                   

                  DSC_4145.JPGDSC_4146.JPG

                  ネイビーのジレにネイビーのFinamoreのシャツ

                  タイもダークブラウンとシックに合わせました。

                  De PetrilloのジャケットJacob Cohenのパンツがブラウン、

                  使っている色は大まかにネイビーとブラウンです。

                   

                  ニットジレ、

                  いやニットのチョッキはちょっと古臭くて・・・

                  と敬遠されている方もこのサイジングなら大丈夫です。

                  着丈は短め、袖口は小さめ、

                  良いバランスで着れるのでノージャケットでも様になります。

                  DSC_4169.JPGDSC_4123.JPGDSC_4115.JPG

                  カーディガンと違って、袖が無い分

                  ジャケット脱いだ時にシャープに見えます。

                   

                  温度調整という寒い時に必須な機能を

                  お洒落に変換出来る点、ジレというアイテムは優秀。

                   

                  ジレがまだの方には

                  エントリーモデルとしておススメです。

                   

                   

                  ニットもコートもまだ暑くて考えられない方は

                  まずはジレから秋冬スタートいかがでしょうか!?

                  お待ちしております。

                  LUCIANO BARBERA(ルチアーノ バルベラ)

                  2017.09.10 Sunday

                  0

                    JUGEMテーマ:ファッション

                    こんばんわ

                    恩田です。

                     

                     

                    本日は、

                    OYSTERと言えばの

                    「LUCIANO BARBERA」です!

                    ジャケット2型、スーツ2型

                    コートにニットにストールをご紹介。

                     

                    まずはスーツから

                    DSC_4075.JPGDSC_4072.JPG

                    ネイビーのシャドーストライプ。

                    ウールシルクのこの艶、

                    しかし、根本的に糸一本一本の質が良くなければ

                    完成してこんな表情が出ません。

                    マネキンに着せているだけでも驚くべき存在感です。

                     

                    余計な事はせず、シンプルに着ることの良さを知れる1着です。

                     

                    ¥230,000+TAX

                     

                     

                    続いて、

                    DSC_4070.JPGDSC_4068.JPG

                    参りました、と口ずさみそうです。

                    グレンチェックがBARBERAの手にかかるとこうなるかと。

                    このスーツが良いのかどうか、高いのかどうかわからずとも

                    何だか次元が違うと思わせる仕上がり。

                    このスーツを着た人が前を通ると、間違いなく目で追ってしまいます。

                     

                    ブラウンの奥深さを体験できる1着です。

                     

                    ¥230,000+TAX

                     

                     

                    ジャケット

                    DSC_4079.JPGDSC_4082.JPG

                    チャコールグレーにボルドーの格子。

                    トレンドのボルドー色を前面に出さず、

                    しかし、存在感はしっかりと残す。

                    絶妙なバランスの生地です。

                    気障な印象を与えてしまう可能性のボルドーを

                    ここまでにしてしまうのは実力以外の何物でもないです。

                     

                    色の新たな可能性を見出させてくれる1着です。

                     

                    ¥219,000+TAX

                     

                    このボルドー×グレーのストールもBARBERA

                    カシミア100%で柔らかく、軽い。

                    生地は薄手なのですがしっかりしています。

                    ¥59,000+TAX

                    DSC_4084.JPG

                     

                    そして、

                    DSC_4085.JPGDSC_4089.JPG

                    なんとカシミア100%。

                    こんな上品なキャメルカラーはそうそう見つかりません。

                    気付いたら柄物が多くなる方も

                    このジャケットから無地の良さを考え直します。

                    それくらいの価値があります。

                    確かに価格は高いです。

                    ¥230,000+TAX

                     

                    しかし、価値と価格を考え直す1着となります。

                     

                     

                    中に着ていたダブルジップのニット

                    DSC_4092.JPGDSC_4091.JPG

                    ファスナーのスライダーでBARBERAとわかります。

                    ここが金属で済まさないのがこのブランド。

                    最近また人気が出てきたダブルジップを

                    BARBERAで押さえておけば間違いありません。

                     

                    ¥78,000+TAX

                     

                    色違いでブルー。

                    DSC_4105.JPGDSC_4108.JPG

                     

                     

                    最後にバルカラーコートを

                    DSC_4095.JPGDSC_4098.JPG

                     

                    DSC_4101.JPGDSC_4099.JPG

                    ネイビーとブルーの大振りヘリンボーン柄。

                    立てた襟のロール具合、襟についたタブ、

                    ナットボタン、背中のシルエット・・・

                    色々言っても、一度着たらそんな細かい事はどうでも良く

                    ただただ良い!!!

                    と思ってしまえるこのコートです。

                     

                    ¥270,000+TAX

                     

                    DSC_4103.JPG

                     

                    今年のBARBERA体験を是非。

                    ANDREA FENZI(アンドレ フェンツィ)のサーマルニットとZANELLATO(ザネラート)

                    2017.09.09 Saturday

                    0

                      JUGEMテーマ:ファッション

                      こんばんわ

                      恩田です。

                       

                       

                      本日の新作紹介は、

                      ANDREA FENZIのサーマルニットと

                      ZANELLATOのワンショルダーバッグです。

                       

                      DSC_4057.JPGDSC_4056.JPG

                       

                      DSC_4055.JPG

                      ざっくりした凹凸で保温性、伸縮性に優れるサーマルニット。

                      コットン100%で肌触りが柔らかく、

                      この時期は一枚で着てよし、

                      これからはインナーにも活躍するアイテムです。

                       

                      色は使いやすい3色。

                      ライトグレー、ネイビー、オフホワイト。

                       

                      ついつい色違いで欲しくなる便利さと価格。

                      ¥16,000+TAX

                       

                       

                      そして、

                      ZANELLATOのワンショルダーバッグ。

                      DSC_4058.JPGDSC_4061.JPG

                      着脱可能なショルダーストラップと

                      上部に手で持てるように持ち手がついています。

                       

                      リュックのように背負うのでなく、

                      ワンショルダーで男らしく肩に引っ掛ける。

                      ちょっと荒っぽくドサッと置いて様になるのはこのバッグだけです。

                       

                      反面、機能的には細かい配慮、

                      DSC_4059.JPGDSC_4060.JPG

                      横からも上からもファスナーで出し入れ可能。

                      そして、バッグの中には小さなポケットと

                      パスケースストラップが付いています。

                       

                      更にさらに、

                      DSC_4064.JPG

                      中から出し入れするファスナーとは別に、

                      携帯や鍵などすぐ出し入れしたい小物用ポケットが外についています。

                       

                       

                      ¥110,000+TAX

                       

                      無骨で繊細。

                      そんなバッグを持ってみます。

                      DSC_4026.JPGDSC_4023.JPG

                      背負われても持たれても、いい姿しています。

                       

                      厚手で目の大振りなシボ革はガツンガツン使い込んで、

                      馴染ませて柔らかくして、グッタリした頃合いが最高です。

                       

                       

                      上に着ているのは、サーマルニットのオフホワイト。

                      そして、下に穿いているのは「Jacob Cohen」

                      いつも仕入れいているJ688COMFの形です。

                      DSC_4033.JPGDSC_4027.JPGDSC_4032.JPG

                      上下とも体のシルエットが出るくらいのフィット感ですが、

                      全く窮屈な感じがなく、非常に良い動きやすさです。

                       

                       

                      素材感のあるライトグレーのコットンストレッチと

                      DSC_4052.JPGDSC_4051.JPG

                      ¥54,000+TAX

                       

                      アタリの無い濃いインディゴが間違いないブルーデニム。

                      DSC_4053.JPGDSC_4054.JPG

                      ¥45,000+TAX

                       

                       

                      ちなみにZANELLATOのバッグは、

                      DSC_4062.JPGDSC_4063.JPG

                      ブラックのムートンもやっております。

                      中は、ふわふわでございます。

                       

                      ¥128,000+TAX