De Petrillo(デ ペトリロ)のコットンスーツ。

2018.02.19 Monday

0

    JUGEMテーマ:ファッション

    こんばんわ

    恩田です。

     

     

    本日は、ナポリの「De Petrillo」

    コットンソラーロのスーツをご紹介。

    DSC_6928.JPG

    DSC_6925.JPG

    赤の裏地が表に滲み出て、

    表は玉虫色の光沢があるのが特徴のソラーロ。

    写真では本来の艶感が見せれず残念です。。。

     

     

    ライトブラウンに

    独特な表情が艶めかしい、

    春夏の定番生地、

    この季節になると着たくなるイタリア好きの方も多いはず。

    DSC_6945.JPGDSC_6931.JPG

    スタンダードなディテールとなりつつある1プリーツ。

     

     

    それでは着てみます。

    DSC_6899.JPG

     

    DSC_6877.JPG

    生地が薄手なので軽い着心地、

    きめが細かいので肌触りも優秀です。

     

     

    程よくウエストもシェイプされ

    筋肉質ではない私の体型も

    キレイに逆三角形を描いてくれます。

    DSC_6897.JPG

     

     

    皺が出来る程に表情豊かになるソラーロの生地。

    普通のコットン生地ではこうは表現できません。

    DSC_6920.JPG

    ¥158,000+TAX

     

     

    持っていたのは、

    「il micio」のクラッチバック。

    グレー×オレンジ。

    DSC_6960.JPGDSC_6971.JPG

    上質な山羊革を使い、職人の成せる丁寧な仕上げ。

    それはこのコバを見れば一目瞭然、良い仕事してます。

     

    DSC_6973.JPGDSC_6975.JPG

    ブルー×オレンジ

     

     

    財布を取り出したりする時に

    マチのオレンジがアクセントになって

    一つの所作もお洒落に見えますね。

    DSC_6912.JPG

    ¥135,000+TAX

     

     

    「De Petrillo」は他にも多数入荷してますので

    随時アップしていきます!!

    また次回まで!

     

    TITO ALLEGRETTO(ティート アッレグレット)のスーツ。

    2018.02.17 Saturday

    0

      JUGEMテーマ:ファッション

      こんにちは

      恩田です。

       

      今日はみなさん二人の「羽生」を観ましたでしょうか?

      一人は将棋界、羽生善治竜王

      もう一人はフィギアスケート、羽生結弦。

      羽生竜王は残念ながら藤井さんに敗れたのですが、

      羽生結弦さんは見事に金メダル!!

      そして、宇野昌磨さんが銀メダルでワンツー!!

      右足首靭帯を痛めて、GPファイナルと全日本選手権を

      出ようと思えば出れたところ、

      オリンピックという大舞台目指し、金メダル。

      身体能力以前に凄い精神力にただただ感動です。。。

       

       

      さて、本日は

      「TITO ALLEGRETTO」のスーツをご紹介。

      DSC_6852.JPG

      ナポリ仕立てのイザイア、アットリーニを渡り歩いてきて

      ナポリを知り尽くしたTITOさんが立ち上げたブランドは

      オイスターでも早くもファンが多いです。

       

       

      DSC_6841.JPGDSC_6828.JPG

      グレーのグレンチェック

      ごくほんのりとブルーがかっています。

       

      「FRAY」のクレリックシャツに

      「BIGI」のネイビータイを合わせて。

      DSC_6870.JPGDSC_6856.JPG

       

       

      着てみます。

      DSC_6811.JPGDSC_6794.JPG

      春夏にぴったりの薄くしなやかなウール100%。

      肌触りが良くビジネスシーンで気分よく着たいです。

      パンツはワンタック、

      座ったりが多い方にはゆとりが出て重宝します。

      DSC_6830.JPG

       

      DSC_6795.JPGDSC_6805.JPG

      織柄かな?と思うぐらいの細かいチェックは

      柄物のシャツやタイとも合わせられます。

       

      ¥158,000+TAX

       

       

      本日「De Petrillo」が入荷してきました。

      次回アップします!!

       

       

       

       

       

       

      Stefano Bigi(ステファノ ビジ)のタイ。

      2018.02.14 Wednesday

      0

        JUGEMテーマ:ファッション

        こんばんわ

        恩田です。

         

        オリンピックアメリカチームのユニフォーム、

        デザインはラルフローレン。

        開会式用のパーカーと閉会式用のボマージャケットは

        「発熱するジャケット」でなんと3段階の温度調整可能。

        極寒のピョンチャンで寒い時は暖かく、

        でも、もし意外に現地が暖かかったらの事を考慮して

        選手がスマホで調整出来るという優れもの。

        ハイテクを駆使する感じがアメリカらしいですね!

         

         

        さて本日は、

        「Stefano Bigi」のタイをご紹介。

        DSC_6770.JPG

        締めやすさで定評のあるこちらのブランド、

        今シーズンは落ち着いた色目で。

         

         

        カーキやブラウン

        DSC_6755.JPGDSC_6758.JPG

        シルク小紋

         

        ドット柄に無地、

        DSC_6761.JPGDSC_6766.JPGDSC_6764.JPG

        涼しげなリネン100%。

         

         

        それでは、

        何本か締めてみます。

         

        DSC_6745.JPG

        ブラウンのリネンタイ。

        リネン混のジャケットと調和しつつ

        カラフルなシャツを引き立たせています。

        ブラウンと言っても柔らかい色なので

        顔映りも良く見えることでしょう。

         

         

        続いて、

        DSC_6750.JPG

        遠目でネイビー無地と思いきや、

        ブラウンとネイビーのミックス。

        ホップサックの生地に好相性の織は

        シンプルのようで存在感ある一本です。

         

         

        スーツにも合わせてみます。

        DSC_6742.JPGDSC_6740.JPG

        シルク100%で凹凸感ある生地、

        ネイビーに白いドットがクラシカルでいて遊んでいます。

        この匙加減がお洒落な雰囲気を出します。

         

         

        ネイビースーツにも合わせてみます。

        DSC_6736.JPG

        ブラウンにエメラルドグリーンの小紋、

        渋く訴えかけてくる1本。

         

        最後に、

        DSC_6731.JPG

        スモーキーなカーキ、

        織でレジメンタル。

        ネイビースーツを余すことなく楽しめる

        トレンド感じる1本です。

         

         

        タイはこれから「Nicky」も入荷予定です、

        クールビズで締めなくなるまで

        首元のお洒落を楽しみましょう!!

        また次回まで!

         

         

         

         

        CIRCOLO(チルコロ)のジャケット。

        2018.02.13 Tuesday

        0

          JUGEMテーマ:ファッション

          こんばんわ

          恩田です。

           

          昨晩は、

          ジャンプ女子ノーマルヒルを見てました。

          高梨沙羅さんの銅メダル!感動しました!

          ソチオリンピック4位からの4年間、

          本人にしかわからない重圧の中でやっと見せれた笑顔は

          見ている人の心を揺さぶるものがありました。

          高梨さんのようにワールドカップ53勝という歴代最多勝利でも

          メダルを獲るのは難しいオリンピックと言う舞台、

          それが2020年にTOKYOで開催されるわけですから

          ライブで必ず観に行きたいものです。

           

           

          さて、本日は

          「CIRCOLO」のジャケットをご紹介。

          楽なジャケットの代表格、

          これさえあれば様になるアイテムは4型の入荷です!

          DSC_6696.JPG

           

           

          先日、「ARIANNA」をご紹介した時にチラっと出てました

          グレー×ネイビーのメランジです。

          DSC_6715.JPGDSC_6685.JPG

          DSC_6728.JPG

          92%が麻、

          中も麻シャツを合わせて、

          蒸し暑い日にざっくり着たくなります。

           

          ¥64,000+TAX

           

          続いて、

          DSC_6701.JPG

          DSC_6692.JPG

          DSC_6725.JPG

          グレーにベージュの格子柄、

          アンティークっぽいボタンが良いアクセント。

          Tシャツに気楽に羽織れるのもこのブランドの良いところですよね。

           

          ¥64,000+TAX

           

          3つ目は

          DSC_6705.JPGDSC_6683.JPG

          DSC_6676.JPG

          真夏に恋しくなる真白のジャケット。

          ポロシャツにも合わせられる万能さ、

          インナーは明るい色目で着るほうがおススメです。

          今年は真黒に日焼けする方、どうでしょうか!?

           

          ¥49,000+TAX

           

           

          最後は、

          DSC_6721.JPGDSC_6689.JPG

          DSC_6665.JPG

          ブラウン×グレーの一見、秋冬のような生地。

          しかし、プリントそしてストレッチ抜群の生地。

          ウレタンが8%入っているのはここの得意とするところ。

          ジャケット着てるのを忘れる伸縮性です。

           

          ¥59,000+TAX

           

           

          ちょっとずつ暖かくなってますね!

          春はもうすぐです。

          また次回まで!!

           

           

          Hevo(イーヴォ)のコートとil micio(イル ミーチョ)のトートバッグ。

          2018.02.09 Friday

          0

            JUGEMテーマ:ファッション

            こんばんわ

            恩田です。

             

             

            本日は、

            「Hevo」のスプリングコートと

            「il micio」のレザートートバッグをご紹介。

            DSC_6654.JPGDSC_6655.JPG

            今年は柔らかいコットン素材で仕入れました。

             

            ¥64,000+TAX

             

             

            こちらは独特なイントレチャート。

            黒のレザーにゴールドのブランドプレートが格好良いです。

            DSC_6658.JPGDSC_6660.JPG

            ¥260,000+TAX

             

            では、合わせてみます。

            DSC_6646.JPG

             

            鮮やかなブルーの

            コートとストールを一際目立たせたくて

            他をブラックとダークブラウンでシックに。

            ストールは先日ご紹介した「ARIANNA」です。

            DSC_6630.JPGDSC_6622.JPG

            男性が肩にかけても丁度良いハンドルの長さ。

            大振りの網目が男らしく、

            これからガシガシ使い込んだ後が楽しみです。

             

             

            バッグの側面にホルダーがついているので

            新聞や雑誌、ストールなどを。

            DSC_6662.JPGDSC_6664.JPG

             

             

            中に着ているシャツは、

            「Finamore」のブラウン。

            DSC_6650.JPG

            コットンリネン素材。

             

            ¥31,000+TAX

             

             

            DSC_6591.JPG

             

            DSC_6597.JPG

            早くこういう生地が着れる気温になって欲しいです。

             

            明日から三連休、

            ちょっとお出掛けついでに

            オイスターで春物見にいらしてください。

            また次回まで!!

             

             

             

             

            FRAY(フライ) has come!!

            2018.02.08 Thursday

            0

              JUGEMテーマ:ファッション

              こんばんわ

              恩田です。

               

               

              今シーズンもやって参りました、「FRAY」

              DSC_6584.JPGDSC_6580.JPG

              このブランドは箱を見るだけで

              気持ちが高まるのを感じざるを得ません。

              そして、

              箱を開けてそこに鎮座する姿形、

              袖を通してボタンを閉めて

              背筋が伸びる気持ちになるのは私だけではないはずです。

               

              今回は、

              セミワイドのBYRONを6型、

              ワンピースカラーのMIAMIを3型。

              それでは一つずつご紹介していきます。

               

              まずはBYRON。

              DSC_6564.JPGDSC_6573.JPG

              織でストライプが入ったライトブルー。

              少し変化が欲しい時に丁度良1枚です。

               

              ¥52,000+TAX

               

               

              DSC_6562.JPGDSC_6574.JPG

              ブルー×ブラウン×ネイビーのストライプ。

              この春夏に爽やかな印象づくりに持って来いです。

               

              ¥52,000+TAX

               

               

              DSC_6559.JPGDSC_6575.JPG

              ライトグレーのクレリック。

              これだけで知的な印象になるのが不思議です。

               

              ¥48,000+TAX

               

              DSC_6557.JPGDSC_6550.JPG

              リネン100%のダークブラウン。

              色気ある深い色合い、黒蝶貝の艶、

              目を奪われてしまいます。

               

              ¥50,000+TAX

               

               

              DSC_6569.JPGDSC_6571.JPG

              無地のライトブルー。

              上品さを出すにはこれ以上ない代物です。

               

              ¥48,000+TAX

               

               

              DSC_6566.JPGDSC_6572.JPG

              無地のホワイト。

              完全無敵のオールマイティー、

              他の追随を許しません。

               

              ¥48,000+TAX

               

              ダークブラウンで合わせてみます。

              DSC_6547.JPGDSC_6546.JPG

              タイを締めた時の襟の落ち着き。

              ジャケット、シャツ、タイで成り立つVゾーンを

              ここまでキレイにまとめるのがBYRONです。

               

               

              そして、

              DSC_6555.JPGDSC_6537.JPG

              マシンメイドの最高峰と言われる「FRAY」

              マシンでこの襟の柔らかさ立体感を作るのは

              名前だけではない確かな実力を感じることが出来ます。

               

              ブルーの色違いでライトグレー。

              DSC_6554.JPG

              FRAYのリネン100%。

              使うほどに一本一本入っていくシワを

              一言で「味わい」と言うには言葉が軽く感じてしまいます。

               

              ¥57,000+TAX

               

              同じ形でホワイトも

              DSC_6553.JPG

              コットンリネンのホワイト。

              コットンベースなのでビジネスにも。

              クールビズで着用すれば襟元で他と大きな差が生まれます。

               

              ¥57,000+TAX

               

               

              こちらは、ブルーで合わせてみます。

              DSC_6532.JPGDSC_6531.JPG

              襟の高さ、ロール具合、首元の見え具合。

              エレガントです。

              エレガントの意味を調べると、

              「落ち着いて気品のある様」だそうで

              まさしくelegant。

              いや、イタリアだからeleganteです。

               

               

              FRAYが入荷して店頭に並ぶと

              心地良い緊張感が生まれます。

              これから続々と揃う新作とどう合わせていくか

              心躍らせながら写真を撮っていました。

              みなさんも是非見にいらして下さい!!

               

               

              PT01(ピーティーゼロウーノ)のパンツ。

              2018.02.05 Monday

              0

                JUGEMテーマ:ファッション

                こんばんわ

                恩田です。

                 

                 

                本日は、「PT01」

                ファッションのキーワードとなっている「コロニアル」

                それが今季のテーマの「PT01」をご紹介。

                DSC_6505.JPGDSC_6506.JPG

                ウールリネンの見た目にも涼しい生地。

                ライトブラウンとブルーの2色。

                 

                DSC_6481.JPGDSC_6482.JPG

                抜群の安定感のスリムフィット。

                ビジネスでジャケパンに最適です。

                 

                ¥35,000+TAX

                 

                DSC_6507.JPG

                その名も「Spice Route」

                英国と印度で香辛料貿易が盛んに行われていた植民地時代。

                植民地に赴くイギリス人が着ていた麻や綿、ベージュやカーキ。

                それらをファッション的にイメージさせるのが「コロニアル」

                この裏地もそんな雰囲気感じさせます。

                 

                 

                こちらはコットンストレッチ。

                DSC_6509.JPG

                DSC_6510.JPG

                ライトベージュとライトグレー。

                どちらも微妙に白っぽいところがお洒落です。

                 

                DSC_6496.JPGDSC_6497.JPG

                休日のボトムスとして外せないパンツ。

                問題:これ着れば間違いないのは?

                の正解なのがこの1本です。

                 

                DSC_6511.JPGDSC_6512.JPG

                こちらもスリムフィットです。

                ¥34,000+TAX

                 

                 

                そして、最後はEVO FIT。

                DSC_6513.JPGDSC_6514.JPG

                オリーブ、ブルー、ホワイト。

                ダイヤの織柄が面白い表情をしています。

                 

                DSC_6504.JPGDSC_6500.JPG

                膝下からテーパードしているシルエットは

                短めの丈にしたい時に良いバランス。

                気温の高まりとともにくるぶしを出したくなるものです。

                 

                ¥29,000+TAX

                 

                それではまた次回に!!

                 

                 

                 

                ARIANNA(アリアンナ)のストールとFinamore(フィナモレ)。

                2018.02.04 Sunday

                0

                  JUGEMテーマ:ファッション

                  こんばんわ

                  恩田です。

                   

                  2月1日、渋谷にロボットカフェが出来たらしいです。

                  hennacafe.jp/hennacafe/

                   

                  その名も「変なカフェ」

                  店名で「おや?」と思った方も多いのでは、

                  そうです旅行代理店HISの「変なホテル」のカフェ版。

                  ホテルに続きカフェにもロボット進出です。

                  AIとロボットによって世の中どんどん変わっていきますね、

                  今後このブログも私でなくてロボットになってるかもしれません。。。

                   

                   

                  さて、本日は、

                  「ARIANNA」と「Finamore」をご紹介。

                  DSC_6429.JPG

                  ARIANNAは全8種。

                   

                  このチェックはシルクリネン、

                  シルクの光沢とリネンの素材感が春を感じさせます。

                  DSC_6432.JPG

                   

                   

                  次の3色はリネン100%

                  光沢が無くなる分、マットな表情。

                  使い込んで自分仕様に仕上げたいです。

                  DSC_6433.JPGDSC_6434.JPG

                   

                   

                  最後は、コットン100%

                  DSC_6436.JPGDSC_6441.JPG

                  細い糸で最高の肌触り。

                  柔らかくふんわり巻けます。

                  どの色もそうですが、

                  ARIANNAが入荷するとお店が春めいて見えます。

                   

                   

                  リネン100%のポケットチーフも入荷しました。

                  DSC_6442.JPGDSC_6443.JPG

                   

                   

                  続きまして、

                  「Finamore」を2種類。

                  これからの季節、パンツから出して着たい。

                  でも時には入れたい。。。

                  どちらも大丈夫な程度で着丈を設定しているのでご安心を!

                  DSC_6461.JPGDSC_6463.JPG

                  白のコットン100%、

                  この織柄は毎度完売御礼の人気商品。

                  洗いざらしで羽織っても様になるので

                  初めての方もリピーターの方もお早めに。

                   

                   

                  ブルーストライプはコットンリネン。

                  DSC_6445.JPGDSC_6448.JPG

                  ※Finamoreは一部のご紹介です。随時アップしていきます。

                   

                   

                  こちらのシャツで合わせてみます。

                  ストールとチーフは「ARIANNA」で。

                  DSC_6450.JPGDSC_6458.JPG

                  グレーとブルーを上品に。

                  リネンが混じるからこそ出来る生地の凹凸感が

                  上品さに深みを増して見せてくれます。

                   

                   

                  ジャケットは「CIRCOLO」の新作、

                  また次回ご紹介します!!

                   

                   

                   

                   

                  TAGLIATORE(タリアトーレ)のネイビージャケット。

                  2018.02.03 Saturday

                  0

                    JUGEMテーマ:ファッション

                    こんばんわ

                    恩田です。

                     

                     

                    本日は、こちら。

                    DSC_6412.JPG

                    ネイビー、ウールリネン。

                     

                    バスケット編みの凹凸感に加え、

                    リネン混だから使い込むほどに表情豊かになる生地。

                    DSC_6418.JPG

                     

                    DSC_6408.JPG

                    シルバーグレーのタイで

                    渋く合わせてみます。

                     

                    他に

                    グレーストライプのシャツに

                    ウールブラックのパンツをお供に。

                    DSC_6360.JPGDSC_6368.JPG

                     

                    ポケットにチーフは刺さずに

                    タイと同系色のメタルフレームの眼鏡をツルだけ。

                    チーフでもペンでもないアクセントも良いです。

                    DSC_6386.JPG

                     

                    ネイビー×ブラック×グレーで

                    ネイビージャケットを新鮮に着こなす春はいかがでしょうか。

                    DSC_6372.JPGDSC_6399.JPG

                     

                    この「Stefano Bigi」のタイは

                    さり気なくブルードット。

                    リネン混のような糸の遊びは実は

                    シルク100%というのがお洒落。

                    DSC_6421.JPG

                    ※「Stefano Bigi」は他にも入荷してますので次回ご紹介致します。

                     

                     

                    正直申し上げまして、

                    入荷のスピードにブログが追い付いていません!!

                    負けずに頑張ります!!

                    【新作】FEDELI(フェデリ)のブルゾン。

                    2018.01.30 Tuesday

                    0

                      JUGEMテーマ:ファッション

                      こんばんわ

                      恩田です。

                       

                       

                      何やら木曜から金曜にかけて雪の予報。。。

                      今年の冬は厳しいですね。

                      昨日も夕方にランニングしましたが

                      北風が冷たく、途中で足を止めたら最後

                      寒さにやられてしまうので走り続けなければならない状況。

                       

                      そんな寒さに負けじと春物をご紹介していきます!

                       

                       

                      本日は、

                      「FEDELI」のナイロンブルゾン。

                      DSC_6338.JPG

                      シンプルで端正な仕上がり。

                      FEDELIが優れているのは

                      奇抜でなく、でも普通過ぎることのないデザイン。

                      飽きずにお洒落に着れるというのは

                      使いやすいが故に

                      使用頻度が格段に上がりコスパがよろしいのです。

                       

                      DSC_6308.JPG

                      DSC_6335.JPG

                      程良く立てられる襟元。

                      寝てしまうのも格好悪いですが、

                      常にガッチリ立たれても大袈裟で悪目立ちします。

                       

                       

                      大人なマットな質感のストレッチナイロン素材。

                      DSC_6314.JPG

                       

                      なんと15%も含まれるエラスタン。

                      前のジップを完全に閉じても抜群の動きやすさです。

                      タウンユースでも、スポーティにも使って下さい。

                      DSC_6324.JPGDSC_6325.JPG

                      襟、前身、袖は二重の生地の作りは

                      間に空気を含むことで保温性と堅牢性に優れ

                      永く使えて更にコスパが上がります。

                       

                       

                      樹脂素材のファスナーが

                      全体を落ち着かせた表情に見せてくれます。

                      シルバーの金属色だと目立ちますから。

                      DSC_6343.JPGDSC_6344.JPG

                      両サイドのシームポケットは多少の雨でも問題ありません。

                       

                       

                      DSC_6345.JPG

                      ¥110,000+TAX