BEGG&CO(ベグ&コー)、PANICALE(パニカーレ)のカシミア。

2017.10.18 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:ファッション

    こんばんわ

    恩田です。

     

     

    本日のご紹介は、

    どちらも極上カシミアアイテム

    「BEGG&CO」のマフラーと

    「PANICALE」のジップアップニット。

    誇大表現一切ナシの本当に良いカシミアです!!

     

    DSC_5090.JPGDSC_5086.JPGDSC_5085.JPGDSC_5087.JPG

    ブルーと白のメランジ

    この寄りの画像で糸のふわふわ感、

    少しでも伝わりませんでしょうか?

    すっごく美味しい物を食べた時は声も出ず唸る、
    その感情表現が着た時に出る感じ。

     

    ¥160,000+TAX

     

     

    スコットランドのスカーフ・ストールブランド

    1866年からスタート

    100年以上前からの織機で、すべての工程に人の手を加える老舗。

    DSC_5100.JPG

    キャメル

    黒のジャケットやコートに合わせて

    渋格好良くキャメルをアクセントカラーに。

     

    DSC_5103.JPG

    ベージュとライトグレーのダブルフェイス

    上品なカラー2トップは

    オンオフどちらも使えます。

     

    DSC_5104.JPG

    ネイビーとライトブルーのダブルフェイス

    ライトブルーをチラリと覗かせて

    秋冬の季節に爽やかな風を。

     

    DSC_5102.JPG

    パープルとラズベリーのダブルフェイス

    ネイビーの艶々しいスーツに合わせたい

    今季一押しのカラー

     

    以上4種は

    ¥44,000+TAX

     

     

    DSC_5099.JPG

    パープル×グリーン×オレンジ

    色名だけ聞くとトゥーマッチだけれど

    このカシミアの質だから共存できる素晴らしい色合い。

     

    ¥46,000+TAX

     

     

    では着てみます。

    DSC_5072.JPGDSC_5071.JPG

    最高のカシミアのニットとマフラーで

    心も身体も骨抜きにされそう。

    何も考えず、頭の中を真っ白にして

    ただ洋服に身を任せリラックス出来る

    最高の温泉に浸かっている感じ。

     

    DSC_5077.JPGDSC_5084.JPG

    ダウンベストで遊んでも良いですし、

    マフラーの巻き方を変えて気分を変えても良いですし。

     

     

    確かにお値段は高いです。

    が、間違いなくこの値段以上に気分は上がります!

    美味しい物食べたり、

    気持ち良い温泉入って気分上げるのも良いですが、

    着て、常に肌に触れて上がる気分は格別です。

     

    一度試しにご来店を!

     

     

    Roberto Ricetti(ロベルト リチェッテイ)のシャツ。

    2017.10.17 Tuesday

    0

      JUGEMテーマ:ファッション

      こんばんわ

      恩田です。

       

       

      本日は、オイスターのシャツで外すことの出来ない

      「Roberto Ricetti」をご紹介。

      DSC_5040.JPG

       

      DSC_5041.JPGDSC_5042.JPG

       

      今シーズンはBDを3型、

      セミワイドを4型仕入れています。

      DSC_5047.JPGDSC_5048.JPG

      ノータイで着るにこれ以上ない襟の開きの格好良さ。

      隠しボタンダウンのお陰で外から見てもドレッシーに。

       

      第一ボタンと第二ボタンの距離が長いので、

      一つ外して見せるのが一番美しいです。

      この距離が短いと一つだと物足りず、二つだとやり過ぎに見えて。。。

       

      白はドビー織の少しザラッとした生地、

      白シャツでノータイはジャケットも無地にしてシンプルに。

      DSC_5034.JPGDSC_5035.JPG

      コットン100%

      ¥39,000+TAX

       

       

      ネイビーは細かいヘリンボーン柄、

      シックな装いには欠かせないネイビー。

      ノータイだから更に色気が止まらなそうです。

      DSC_5030.JPGDSC_5031.JPG

      コットン100%

      ¥39,000+TAX

       

       

      ブルーグレーの1枚は、

      なんとカシミア混で柔らかく最高の着心地。

      この上品なメランジ具合でこの襟型を知ったら最後、手放せません。

      DSC_5032.JPGDSC_5033.JPG

      ¥47,000+TAX

       

      隠しボタンダウンによって襟のロール具合が固定されます。

      ジャケットを脱いでも襟が外に逃げることなく、

      ジャケットを着てもジャケットの襟に重なることもなく、

      常にベストな襟具合を維持してくれる最高のシャツです。

      DSC_5027.JPGDSC_5028.JPG

       

       

      そして、タイドアップに。

      DSC_5037.JPG

      王道の白ブロード、

      これなくしてビジネスで戦えません。

       

      DSC_5039.JPG

      ライトグレーのロンドンストライプ。

      無機質なストライプで知的な雰囲気、眼鏡をかけたくなります。

       

      DSC_5036.JPG

      ネイビーのギンガムチェック

      チェックにタイドアップ、そのギャップがお洒落に見せます。

       

      DSC_5038.JPG

      ライトグレーのストライプでクレリック

      Vゾーンにちらりと見えるストライプ、

      久しぶりに着ると新鮮な気持ちになれるはずです。

       

      セミワイドカラー

      全て¥39,000+TAX

       

      日本で見かけない隠れた名品、

      まだ未体験の方は是非に

      お待ちしております!

      Valstar(バルスター)のステンカラーコート。

      2017.10.14 Saturday

      0

        JUGEMテーマ:ファッション

        こんばんわ

        恩田です。

         

         

        本日のご紹介は、

        「Valstar」のステンカラーコートを2型。

         

        まずは、

        コートの生地と言えば言わずと知れた

        「ロロピアーナ STORM SYSTEM」使用モデル。

        DSC_5050.JPGDSC_5049.JPG

        完全防水、防風性を兼ね備えた天然ファブリック、

        外からの侵入を防ぎつつ、

        内からの発汗による水分を外に逃がす優れもの。

        冬は寒いから中にたくさん着込んで、

        かつ暖房の効いた電車や施設内にいると知らずに汗をかくものです。

         

        DSC_5054.JPG

         

        では着てみます。

        DSC_4969.JPGDSC_4972.JPG

        表地はウール100%、

        完全防水している生地であれば肌触りがゴワつきそうですが、

        全くゴワつかないどころか、カシミアのように柔らかい。

         

        DSC_4981.JPGDSC_5024.JPG

        肌触りは柔らかくとも、生地はしっかりしてるので

        襟はピンと立ち、横からの風からも寒さを凌げます。

        ボタンを上の方だけ留めて襟を立たせシンプルに着ても

        格好良いシルエットですね。

         

        コートがシンプルである分、

        ストールでいろいろとアクセントを。

        ただ垂らしても、結んでドレープを見せても。

        DSC_4957.JPGDSC_4964.JPG

        ¥159,000+TAX

         

         

        そして同じ型で違う生地。

        DSC_5057.JPGDSC_5056.JPG

        ポリエステルレーヨンのツイル生地も防水防風、

        もっとガシガシと使いたい方におススメ。

         

        レインコートメーカーとして1911年に創業したValstar、

        裕に100年を超えてもなお続く品質は間違いありません。

        ¥118,000+TAX

         

         

        数日前から続く寒さ!

        いよいよ冬を感じます。

        防寒とお洒落を検討しに是非いらっしゃって下さい。

        CALIBRO12(カリブロ12)のレザーブルゾン。

        2017.10.11 Wednesday

        0

          JUGEMテーマ:ファッション

          こんにちは

          恩田です。

           

          本日は、

          「CALIBRO12」のレザーブルゾンを3型ご紹介。

          フィレンツェ近郊のエンポリにある

          有名メゾンブランドのレザーファクトリーで作られる

          優れた質のレザーアイテムは、オイスターでもレザー好きの方から

          大変好評を頂いております。

           

           

          まずはライダース。

          DSC_4943.JPG

          キメの細かいナッパレザー。

          光沢あるダークブラウンが上質な雰囲気。

           

          DSC_4938.JPGDSC_4939.JPG

          襟はあえて低めでシンプルに

          余計なディテールを排除したモードな印象。

          ファスナーのスライダーを大振りなゴールドに。

           

          DSC_4936.JPGDSC_4937.JPG

          袖口は装飾なし。

          この潔いデザインはメーカーの自信の表れ。

          レザーだけで型崩れしない円形を保たせ、コバを丁寧に処理し

          これ以上ないシンプルな見た目と

          手を通した時のホールド感を実現しています。

           

          縫い目に沿って作られたシームポケットは

          ポケットとしての機能と合わせて全体を損なわないデザイン。

          中のボタンもしっかりゴールドです。

           

          ¥138,000+TAX

           

          DSC_4927.JPGDSC_4933.JPG

           

          DSC_4928.JPG

           

           

          続いて、

          カーディガン型

          DSC_4942.JPG

           

          DSC_4934.JPGDSC_4953.JPGDSC_4954.JPG

          前身はムートン、

          打って変わって袖と後身はウールのニット。

           

          深いネイビーがスタイリングの幅を広げます。

          この時期はアウターとして中にカットソーやシャツ、

          冬が近づけばコートのインナーとして。

          一番の売りであるムートンの質は当然、

          見た目の面白さ以上の使い勝手の良さが

          このアイテムの価値を高めています。

           

          ¥138,000+TAX

           

          DSC_4917.JPGDSC_4907.JPG

           

          DSC_4910.JPG

           

           

          最後に、

          キルティングのスウェード

          DSC_4946.JPG

           

          DSC_4949.JPGDSC_4951.JPG

          襟はコーデュロイ、

          色がネイビー。

          マス目が小さめのキルティングは

          すっきりとした印象に見せてくれます。

          スウェードの出来も絶品、

          肌触りがソフトでしっかりと弾力があり

          丸めたり放ったりしても大丈夫そう。

           

          それもそのはず、上の2枚目の写真にファスナーがあるのは

          折りたたんで携帯できるような仕様になっているのです。

          DSC_4950.JPG

          旅先に出張先に、広げて

          ジャケットの上から羽織るにも重宝しそうです。

           

          ¥198,000+TAX

           

          男性にとってレザーアイテムは無性に欲しくなるアイテム、

          しかし、物(素材)が良くなければ安っぽく見える。

          かと言って上質だとお値段もそれなりに・・・

          値段と質のバランスが良いレザー無いかな、と考えていた方

          是非一度見にいらしてください。

          きっとご満足頂けるはずです。

           

           

           

          Valstar(バルスター)のムートンコートとPT01 FORWARDのパンツ。

          2017.10.09 Monday

          0

            JUGEMテーマ:ファッション

            こんばんわ

            恩田です。

             

             

            本日のご紹介は

            オイスターでは久しぶりのブランド

            「Valstar」からムートンコートと

            「PT01 FORWARD」のパンツです。

            DSC_4897.JPG

             

            DSC_4895.JPGDSC_4896.JPG

            肉厚でもちもちな上質のムートン、

            グレイッシュなブラウンが上品な色。

            表裏の色のコントラストが魅力です。

             

             

            パンツは

            DSC_4891.JPGDSC_4886.JPG

            大人の休日カジュアルパンツで人気

            PT01のこのラインは

            今季は1プリーツの太いシルエット。

             

            DSC_4885.JPGDSC_4889.JPG

            9分丈の短めなのでスッキリ穿きこなして下さい。

             

            DSC_4890.JPGDSC_4887.JPG

            他に色がブラウンとオリーブグリーン。

            この2色はコットン100%で¥29,000+TAX

            オフホワイトはコットンウールの¥35,000+TAX

             

             

            では、

            ムートンとオフホワイトを合わせてみます。

            DSC_4863.JPGDSC_4870.JPG

             

            DSC_4869.JPGDSC_4868.JPG

            暖かいのはもちろんですが、

            とても軽く、裏のボアの当たりも気持ち良く

            着ていると守られている感を非常に感じます。

             

            お尻が隠れるくらいの丈、

            全体にスッキリしたラインの効果で

            いかにも「ムートン着てますよ!」という

            自己主張が控えめになります。

            いかつさも大袈裟な感じも与えずに

            「ムートンでしたね、そう言えば」と

            シンプルにエレガントに着れるムートンコートです。

             

            ¥280,000+TAX

             

             

            オイスターでは初めて入れるシルエットなので

            一度パンツに戻りまして、

            どんな感じか見てみましょう。

            DSC_4881.JPGDSC_4874.JPG

            腰回りがふんわりと、裾に向かって自然に細く。

            急なテーパードがかかるわけではないので

            急で不自然なすぼみ方はしていません。

            この太さで絶妙に細めてキレイなシルエットにするのに

            相当にパターンを試行錯誤したはずです。

             

            また、全体的に太い分、

            生地が肌に触れる部分が少なく

            脚の開放感があってクセになりそうです。

             

             

            Valstarは他にも

            ステンカラーコートを展開しています。

            それはまた次回に!!

             

             

             

             

             

             

             

            TAGLIATORE(タリアトーレ)のコート。

            2017.10.05 Thursday

            0

              JUGEMテーマ:ファッション

              こんばんわ

              恩田です。

               

              本日のご紹介は

              「TAGLIATORE」のコートを2型。

              加えて、

              「LUCIANO BARBERA」のショールカラーニットを。

               

              まずはBARBERAのニット。

              DSC_4852.JPGDSC_4851.JPG

              首元だけショールカラー、

              そして、独特な編み柄が他にないデザイン。

              ダークブラウンとネイビーの2色展開。

               

              ウールカシミアのミドルゲージの上に

              首の後ろまでしっかり保護されているので

              かなりの保温力です。

               

              ¥78,000+TAX

              DSC_4756.JPGDSC_4763.JPG

               

               

              そしてその上に、

              DSC_4853.JPG

              DSC_4848.JPG

              グレーヘリンボーン柄が渋い、

              TAGLIATOREのコートを羽織ってみます。

              DSC_4772.JPGDSC_4777.JPG

              ヒザ下の着丈、そして襟も立てれるので

              冬に向けて申し分のない防寒性。

              ウール95%カシミア5%。

               

              ボタンを使わず、ベルトだけで締めてガウン風にも。

              襟裏が黒布を張っているので後姿も格好良いです。

               

              ¥105,000+TAX

              DSC_4795.JPGDSC_4779.JPG

               

               

              TAGLIATOREのコートのもう一つ。

              DSC_4855.JPGDSC_4856.JPG

              カシミア100%のポロコート。

              無敵のネイビーです。

               

              同色のジャケットとタートルで着てみます。

              DSC_4829.JPGDSC_4841.JPG

              上はネイビー一色、

              下はミディアムグレー、

              シンプルでシックに、だからこそ素材は抜かりなく。

              ジャケットもカシミアのTAGLIATORE。

               

              ¥145,000+TAX

              DSC_4832.JPGDSC_4823.JPG

              カチッとフォーマルに着こなしたい方は

              こちらのデザインがおススメ。

               

              全てネイビーで合わせているので

              違う色のマフラーを垂らすだけで結構なアクセントに。

              気分次第で様々な色で楽しめます。

              DSC_4846.JPGDSC_4843.JPG

               

              どちらのコートがお好みでしたでしょう?

              最近急に寒くなってきましたので

              コートの検討を始めた方もいるのでは。
              是非ご来店お待ちしています!

              FRAY(フライ)登場。

              2017.10.04 Wednesday

              0

                JUGEMテーマ:ファッション

                こんばんわ

                恩田です。

                 

                遂に入荷しました!

                FRAYのシャツ。

                今回のモデルは全て「BYRON」

                ネクタイを締めるシャツとして間違いないモデル。

                全てで8種の生地でご用意いたしました。

                 

                DSC_4728.JPG

                 

                まずは無地、2色。

                DSC_4730.JPGDSC_4732.JPGDSC_4729.JPGDSC_4731.JPG

                白と薄いブルーのツイル生地。

                ビジネスで完全無欠な存在、

                世の会社勤めの方は今まで何枚持ってきたことでしょう。

                 

                ¥51,000+TAX

                 

                 

                ビッグヘリンボーンでクラシカルに。

                DSC_4749.JPG

                 

                ビッグストライプで印象的に。

                DSC_4751.JPG

                 

                 

                淡いブルーに白のストライプ。

                DSC_4743.JPGDSC_4744.JPG

                白のストライプがサラッと入るだけで

                清潔感が表現されます。

                きついストライプは遠慮したい方もこちらなら。

                 

                ¥53,000+TAX

                 

                ダークブラウンのプリントタイを効果的に。

                DSC_4752.JPG

                 

                 

                ブルーのロンドンストライプ。

                DSC_4739.JPGDSC_4740.JPG

                シャツで欲しくなるストライプNo.1では?

                着ればVゾーンがキリッと引き締まり

                意外とタイの柄を選ばない優れもの。

                 

                ¥51,000+TAX

                 

                小さいペイズリー柄をボルドーで今年らしく。

                DSC_4750.JPG

                 

                 

                白い無地でドビー織

                DSC_4733.JPGDSC_4734.JPG

                織が入って光沢が出ます。

                ビジネスで使う際でも、

                時には少しセクシーなシャツもいかがでしょう。

                 

                ¥53,000+TAX

                 

                グレーストライプ。

                DSC_4735.JPGDSC_4736.JPG

                太めのライトグレーが知的な印象。

                織のおかげでグレーがくっきりし過ぎないから

                Vゾーンをうまく馴染ませてくれます。

                 

                ¥53,000+TAX

                 

                シルクサテンのペイズリーをクールに。

                DSC_4753.JPG

                 

                 

                ブラウンのロンドントライプ

                DSC_4741.JPGDSC_4742.JPG

                1枚は持っていて欲しい色。

                白とのストライプだから結構使えます。

                新鮮な気分をきっと味わえるはず。

                 

                ¥50,000+TAX

                 

                同じブラウン系のタイでシックに。

                DSC_4748.JPG

                 

                 

                ブルー×グレーのオルタネイトストライプ。

                DSC_4737.JPGDSC_4738.JPG

                わずかな変化のストライプが

                印象を決定づけるきっかけに。

                ブルーとグレーという配色が洒落ています。

                 

                ¥55,000+TAX

                 

                グレーのライトフランネルで上品に。

                DSC_4747.JPG

                 

                このシャツを着てタイを締めたら

                他が着れなくなる方が多数いるブランド。

                ビジネスにおいて常に高いパフォーマンスを出すのに

                必須なシャツとして信頼を勝ち得ているのでしょう。

                 

                今月からネクタイを締めなければならない方も多いのでは?

                揃ったばかりですので是非見にいらしてください。

                 

                CARUSO(カルーゾ)のベルテッドコートとカシミアジャケット。

                2017.10.03 Tuesday

                0

                  JUGEMテーマ:ファッション

                  こんばんわ

                  恩田です。

                   

                   

                  本日はCARUSOの

                  ベルテッドコートと

                  カシミアジャケットをご紹介。

                   

                  まずはカシミアジャケット。

                  DSC_4712.JPGDSC_4722.JPG

                  ライトグレーにやわらかいネイビーのウィンドウペンが効いてます。

                   

                  DSC_4714.JPGDSC_4715.JPGDSC_4713.JPG

                  ブラウンやキャメルの展開が多い中、

                  ライトグレーは新鮮で清涼感を感じさせます。

                  それがウールではなくカシミア100%であれば尚更に

                  着る人に特別な感情を抱かせるのでは。

                   

                  ¥180,000+TAX

                   

                   

                  次にコートを。

                  DSC_4717.JPG

                  ロング丈でベルト付きのダブル、

                  白黒の千鳥でただならぬ存在感です。

                   

                  ローゲージのタートルとブルーデニムで着てみます。

                  DSC_4718.JPG

                   

                   

                  DSC_4666.JPGDSC_4665.JPG

                  ゆとりのある身幅、膝下まで裕にある着丈

                  しかし、着ていて驚くほどの軽さです。

                   

                   

                  動くたびに表情豊かなドレープが

                  色々なコートのシルエットを見せてくれます。

                  かっちり着るのも格好良いですが、

                  同じ表情を二度と見せない不規則な遊び心がたまりません。

                  DSC_4675.JPGDSC_4693.JPG

                  デニムは「Richard J.Brown」

                  わざとサイズを一つ上げて

                  タイトにせずゆとりを持たせた穿き方を、

                  シューズは「SOLOVIERE」

                  アッパーのデザインのヒダにもコーディネートの意味を持たせます。

                   

                   

                  ベルトをギュッと締めて、

                  出来るドレープがコートのデザインを変化させます。

                  あれだけ自由奔放に動いていたのが

                  ただ一本のベルトで抑えられた姿もまた魅力的です。

                  DSC_4684.JPGDSC_4682.JPGDSC_4692.JPGDSC_4710.JPG

                  ラグランスリーブで広い背中に見える後姿、

                  通常より高さ低めのベルト位置で

                  着ている人の姿も心も大きくみせてくれるようです。

                   

                  コートをマントのように羽織って様になるのは

                  本来のシルエットの良さ、生地の柔らかさがなければ

                  格好良く成立しません。

                  洗い立ての高級タオルのようにふんわりした

                  このコートは心配ご無用、楽しみ方も自由自在。

                   

                  ¥220,000+TAX

                   

                   

                  コートは他にも入っていますので

                  またご紹介いたします、お楽しみに!

                   

                  Della Ciana(デラチアーナ)のダブルジップニット。

                  2017.09.30 Saturday

                  0

                    JUGEMテーマ:ファッション

                    こんにちは

                    恩田です。

                     

                    すっかり秋めいてきまして、

                    徐々に寝起きが辛くなってくる季節。

                    私は朝が苦手です。。。

                     

                    ということで、おススメの目覚まし時計を見つけました。

                     

                    なんと、スヌーズボタンを押して二度寝三度寝を繰り返してしまう度に

                    指定の慈善団体にお金が寄付されるのです。

                    時は金なり。

                    という格言を実感出来る目覚まし時計、いかがですか?

                     

                     

                    それでは、

                    本日のご紹介は、

                    「Della Ciana」のダブルジップアップニットです。

                    DSC_4660.JPGDSC_4657.JPG

                     

                    DSC_4659.JPGDSC_4658.JPG

                    ブルーとブラウンの2色展開、

                    襟の裏とファスナー部分にさり気なくライトグレー。

                     

                    こちらのブランドは

                    何よりもクオリティの高さに定評があり、

                    その裏付けとして、

                    オイスターに通う目の肥えたお客様から

                    絶えず高い評価を頂いているブランドであるから。

                    小さいお店で品揃えも限定されるオイスターで、

                    世に数多あるブランドの中から、

                    永く入れ続けるにはそれなりの理由があるのです。

                     

                    DSC_4655.JPG

                    秋冬では絶対に外せないカラー

                    ブラウンで合わせてみます。

                     

                    DSC_4591.JPGDSC_4600.JPG

                    生地は軽く、当然のこと質も申し分ないので

                    アウターを着るにはまだ早いこの時期に、

                    シャツやTシャツの上から羽織るには持って来いのアイテム。

                     

                    素材はウール100%ですが、

                    巷にあるウールとは別素材と考えてください。

                    しなやかでコシがあり、適度な艶が非常に上品です。

                    Tシャツを着て肌が生地に触れても気になりません。

                     

                    ¥60,000+TAX

                     

                    DSC_4608.JPGDSC_4577.JPG

                    薄手なので、いろいろな重ね着も楽しめます。

                    合わせたシャツは「Finamore」

                    デニム「Richard J.Brown」

                    シューズ「VASS」

                     

                     

                    巻いていたストールはこちら。

                    DSC_4662.JPGDSC_4661.JPGDSC_4663.JPG

                    全体がシンプルなコーディネートであれば

                    ストールにアクセントが欲しくなるものです。

                    無造作にぐるぐるッと巻いて、

                    端をニットに入れ込んでしまえば完成です。

                    巻かれて出来た、柄と柄の重なりが

                    他にない面白さになるはずです。

                     

                    ¥19,000+TAX

                     

                     

                    秋の行楽シーズンが始まりますね、

                    と言うことは、着て行く服を考えなければ。

                    となればオイスターへ是非!!

                    CARUSO(カルーゾ)のグレンチェックスーツとチェスターコート。

                    2017.09.27 Wednesday

                    0

                      JUGEMテーマ:ファッション

                      こんばんわ

                      恩田です。

                       

                       

                      本日は、追加入荷してきました

                      CARUSOのグレンチェックスーツと

                      ネイビーのチェスターコートをご紹介。

                       

                      DSC_4643.JPGDSC_4642.JPG

                      super120'sのウール素材、

                      軽く起毛していて生地は厚過ぎず。

                      秋口からさらっと着れてしまいそうです。

                      また、

                      チェックがくっきりしていないので

                      派手なチェックに見えないのが非常に良いです。

                      ボタンの色が真っ黒や焦げ茶ではないところにまた

                      上品さを感じさせます。

                       

                       

                      やはり白シャツを合わせまして、

                      DSC_4640.JPG

                       

                      着てみます。

                      DSC_4612.JPGDSC_4611.JPGDSC_4619.JPG

                      遠目にはチェック感がありません。

                      でも、それくらいが丁度良いんです。

                      やり過ぎチェックのスーツで仕事は出来ません。

                       

                      これくらい近づいてうっすらと。

                      DSC_4613.JPG

                      ¥198,000+TAX

                       

                       

                      そして、

                      DSC_4644.JPGDSC_4647.JPG

                      キャメルヘアーでお馴染み「gobigold」の生地をふんだんに使用。

                       

                      一枚仕立てで、

                      表がネイビー、裏がダークブルー。

                      DSC_4648.JPGDSC_4652.JPG

                      襟の形もクラシカルで格好良いです。

                      ¥234,000+TAX

                       

                      DSC_4632.JPGDSC_4627.JPGDSC_4635.JPG

                      CARUSOのジャケットと同じで丸みのあるショルダーライン、

                      少々たっぷりしたシルエットが余裕を持たせ、

                      肩の力が抜けたお洒落を表現してくれます。

                      生地はしっかりして厚手なのですが、

                      ふんわりと柔らかく、贅沢な気持ちになりますね。

                       

                       

                      DSC_4639.JPGDSC_4625.JPG

                      お洒落に気を使っているけど、

                      いかに気を使ってないようお洒落に見せるか

                      「何かお洒落だよね」と思わせるのが

                      難しくも面白いところです。

                       

                       

                       

                      さて、追加のCARUSOは

                      他にジャケットが1型、コートが1型入荷してきました、

                      それはまた次回まで!!